2014年02月04日

馬革キャメルのメッセンジャーバッグ

今までちょっとずつ空いた時間で作ってきたメッセンジャーバッグ。

DSCN0151_1.jpg
とはいえ実は以前のこの記事
http://koudai-sac.seesaa.net/article/198107146.html

で紹介させていただいた、私も使っている大型のバッグの
マイナーチェンジ版?

DSCN0154.JPG
DSCN0155_1.jpg

ちょこっとファスナーの付け方が変わったのと内側が布になったこと
外の革が国産の馬ヌメ革に変わったくらいですかね。

前にも書きましたが、もうね、私の中で馬革一押しアイテムです。
とは言えできないものもおおいんですけどね(^-^;

まあ今回のバッグはどれくらいでどのような艶がでるのか?
などのエイジング実験も兼ねていますので
いずれまたご報告させていただくと思います。

馬革、もし興味がおありでしたら遠慮せずに
ご質問ください。
どんな革でもそうですが、すべての革がすべての商品を作れるわけではなく
革にも向き不向きがありますので。
質問はいくらでも(*^-^*)

このカバンはどんな色になりますかね〜♪
posted by 益代鞄 at 01:09| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

焼印入りポストマンバッグ

焼印入りでのオーダーをいただいたポストマンバッグ。
DSCN0146_1.jpg

栃木レザー、オイルバケッタのカーキを使用。
焼印入りのレザーは原産地が限られるため
種類は少ないですが、今回使用したものは
色も質感もシボの入り方も絶妙でさすが栃木レザーといった感じ。

DSCN0147_1.jpg

引き手用の「ベロ」は革のはじっこで。

こちらの鞄、奥様から旦那様へのプレゼントだとの事。
旦那様にも気に入っていただけるとうれしいです(^-^;




posted by 益代鞄 at 01:54| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型ボストンバッグ

DSCN0135_1.jpg

少し前のものになりますがオーダーの大型ボストンバッグです。

使用した革は栃木レザーのヴォーノオイル。
カラーはネイビー。

70代の男性のお客様。
ゴルフや旅行のお供と言う事でゴルフ用の名札を付けるための
ループがついてます。DSCN0125_1.jpg
※名札と名札のベルトはお客様の私物となります。

横幅は40p、かなり大き目ですのでショルダーベルトも。DSCN0139_1.jpg

こちらも口金の入ったダレス式のボストンバッグになります。
若い方の旅行鞄にもいいデザインです。

金具や革などはお好みで変更できますのでお問い合わせください。



posted by 益代鞄 at 01:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

ファーバッグ納品しました

秋冬の定番?
フェイクファーのバッグ、吉祥寺MILKAさんへ納品しました。
カラーはこげ茶(馬ヌメ)とグリーン(牛革キップ)の2色になります。
内袋は全てピッグスエード、革は外、内どちらも全て国産品になります。

※グレー(馬ヌメ)は別口MILKAさんにはございません。

DSCN0105_1.jpg

DSCN0106_1.jpg

DSCN0108_1.jpg

DSCN0109_1.jpg


価格は18000円〜
オーダーもお受けしますが、こちらは冬限定のため、11月末日までの
ご注文のみ受け付けになります。
ファーとレザーの組み合わせは変更可能です。
今からですとクリスマスプレゼントに間に合います(笑

posted by 益代鞄 at 00:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

馬革ドクターバッグ型ハンドバッグ

前回に続き、馬革のドクターバッグ。
こちらは女性向けのハンドバッグ型。

DSCN0046_1.jpg

やわらかいグレーのヌメ革です。
つかっていくうちにどんどん味が出てきます。

口はガバッと荷物の出し入れは簡単。

DSCN0048_1.jpg

横から見るとコロンとかわいく。

DSCN0054_1.jpg

ドクターバッグはとてもオーソドックスな形で昔からあるバッグですが
バッグにこだわりを持つ方には根強い人気のある形です。

口金が入る分、重くなってしまいますが
それもまたいいのでしょうね。

革の表面に水が流れたような模様が見えますが
これはタンナーさんでワックスをたっぷり入れた時の名残。
使っていくうちにワックスはしみこみ、線は消えてしまいますが
その分色濃く、艶のある革ができあがっていきます。

この鞄はすでに持ち主の方へ。
長くかわいがってもらえるとうれしいです。



posted by 益代鞄 at 10:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする